SRRV(リタイアメントビザ)とは?

フィリピンで永住権を取得しようとすると、ビザの種類としては大きく下記の3つがあり、
①特別割当移住査証(Quota Immigrant Visa )②SRRV③配偶者ビザ、
この中で、SRRVは取得のしやすさと使い勝手の良さで
圧倒的な人気を誇っています。

SRRVの特徴としては、滞在期間に制限がありません。
またビザを維持するためにフィリピンに滞在する必要もありません。
ただし、年会費として360ドルがかかり、これは毎年更新する必要があります。
35歳以上であれば、2万米ドルの預託金で、ほぼ無条件で取得出来、本人のみならず、
配偶者と子供(20歳迄で未婚)も付随して取得が可能です。
但し、合計2名までで、それ以上は追加の預託金が必要です。
TYPE

SRRVの種類

graphic

SRRV CLASSIC

  • 50歳以上は、2万ドルの預託金(年金受給者は1万米ドル)
  • 35~49歳の場合は、5万米ドル
  • 預託金は、PRA(フィリピン退職庁)が指定するコンドミニアム購入に転換することが可能
    ※ビザ発行の30日後から投資に転換することが可能。
graphic

SRRV SMILE

  • 35~49歳の場合は、一律2万米ドルの預託金
  • 預託金の投資転換は不可
graphic

SRRV HUMAN TOUCH

  • 年金受給と健康保険などの医療保険加入が必要
  • 35歳以上の場合は、1万米ドル
  • 預託金の投資転換は不可
graphic

SRRV COURTESY

  • フィリピン元国籍を有する35歳以上の人が対象
  • もしくは、50歳以上の元大使あるいは外交官
  • 預託金は1500米ドル
graphic

SRRV EXPANDED COURTESY

  • 既存の軍事関係および/またはフィリピン政府との合意を持つ外国の陸軍将校である50歳以上の外国人向け
  • 最低月額US $ 1,000.00の年金とUS $ 1,500.00のSRRVデポジットが必要

お問い合わせ

弊社サービスについては、
下記よりお気軽にお問合せください。

営業時間 9:00~18:00 土日定休

footer-frame