よくあるご質問

よくある質問

申請するのに何か条件はありますか?
年齢が35歳以上、預託金が確保出来て、健康に問題が無く、犯罪歴が無ければ、ほぼ受理されます。
預託金はいくら必要ですか?
タイプ(5種類)によって預託金の額が変わります。
①CLASSIC・・・50歳以上は、2万米ドルの預託金(年金受給者は1万米ドル) / 35~49歳の場合は、5万米ドル。
②SMILE・・・35~49歳の場合は、一律2万米ドル。
③HUMAN TOUCH・・・35歳以上の場合は、1万米ドル。但し、年金受給と健康保険などの医療保険加入が必要。
④COURTESY・・・1500米ドル。但し、フィリピン元国籍を有する35歳以上の人が対象、もしくは50歳以上の元大使あるいは外交官。
⑤EXPANDED COURTESY・・・ 最低月額1,000米ドルの年金と1,500米ドル。但し、既存の軍事関係および/またはフィリピン政府との合意を持つ外国の陸軍将校である50歳以上の外国人向け。
申請にかかる諸費用を教えて下さい。
ご自身が申請する預託金(1万米ドル~5万米ドル)+申請費用1,400米ドル+年会費360米ドル+弊社代行手数料(3万ペソ~)が基本的な諸費用になります。
就労ビザも一緒に取得したいんですが、、、
SRRV取得後に、手続きをすれば就労ビザも追加で取得頂けます。
フィリピンの治安が心配です。
もちろん場所によっては注意が必要な場所もありますが、それは日本にも言えることです。
経済発展が著しいここフィリピンでは、インフラも急ピッチで整えられており、弊社オフィスがあるBGCエリアでは、夜中に女性が一人で歩いていても安心な程です。
SRRV取得後も、お住まい探しやオフィス探しを弊社がお手伝い致します。
無犯罪証明書はどこで取得するのでしょうか?
お住まいの管轄の警察署で無犯罪証明書を発行してもらい、それを英訳したものに外務省もしくは、大使館に認証のハンコを押してもらう必要があります。
取得するのに約1ヶ月ぐらいかかりますので、余裕を見てご準備お願い致します。
家族で一緒に取得出来ますか?
はい、可能です。ご本人と配偶者の方、お子様(20歳迄)の同時申請が出来ます。ご自身含め3名様まで同じ預託金で申請出来ますが、4名様から追加で預託金と申請費がかかります。
SRRVはどんな人に向いてますか?
定年後に海外で暮らしたい人、場所にとらわれない起業家・投資家の方、海外で資産運用したい方、日本在住でのリスクを減らしたい方に向いております。
SRRV取得後に就労ビザの取得も可能なので、起業したい方、銀行口座の開設も可能なので資産運用したい方、早めの準備で将来に備えられます。
申請中の宿泊先はどうしたらいいでしょうか?
申請からSRRV発行まで約1ヶ月から2ヶ月程、かかりますので、その間ホテルに宿泊するとなると、かなりの金額になってしまいます。
また、フィリピンでコンドミニアムを契約するとなると、通常半年~1年契約になり、契約期間の家賃や敷金は前払いが条件という物件が多く、ホテル宿泊以上に金額が膨らんでしまいます。その間、弊社では宿泊先の提供も行っておりますので、宿泊先が心配な方は弊社プランBをお申し込み下さい。
もしSRRVを返還した場合、預託金はどのように返金されるのでしょうか?
SRRV返還の後、預託期間中の利子と一緒に指定口座に返金されます。
申請からSRRV取得までどれぐらい時間がかかりますか?
申請から最短で20営業日で取得可能ですが、混雑具合によりますので、約1ヶ月から2ヶ月ぐらいかかっているのが実情です。
また無犯罪証明書取得(日本で行って頂く必要があります)には約1ヶ月ぐらい時間がかかっておりますので、日本とフィリピンでの手続きを併せると約3ヶ月ぐらいの余裕を持って予定を組んでおくことをおすすめ致します。
SRRVに魅力は感じるのですが、英語に自信が無いので言語の問題が心配です。。。
申請する際に英語が話せなくても問題はありません。フィリピンの公用語は英語とフィリピノ語となっており、実際に英語が全く話せない人でも日常生活を営む上でそれほどの支障はありません。SRRV取得後に徐々に慣れて話せるようになれば問題は無いかと思います。

お問い合わせ

弊社サービスについては、
下記よりお気軽にお問合せください。

営業時間 9:00~18:00 土日定休

footer-frame